✴︎ブランドコンビネーションコーデとはPart3

様々なブランドやショップのアイテムをいかに上手く組み合わせるかは、なかなか難しいものです。
   
前回はブランドコンビネーションを使ったコーディネート術を少しご紹介しました。


そもそもブランドコンビネーションって何?!
という方はこちらをご覧くださいませ。

   
前回に引き続きどんな感じで選んでいけばよいかご紹介していきます。

   
   
   
   
シルエットで選ぶ
   
近年は「ビッグシルエット」や「オーバーサイズ」などゆったりしたアイテムが流行っていますが、全身ゆるめの服を着てメリハリがないと残念なコーディネートになってしまいます。
   
例えばオーバーニットでコーディネートしたい場合、ボトムスで調整すると締まって見えますよ。


このようなデザインのボトムスは、プリーツが末広がりになり、シルエットを綺麗に見せてくれます。
ウエストの位置を高くすることで脚長効果も期待できます。

   
m64516402393_1
   
ライダースジャケットを羽織ると細身に見えますよ。
この時も「丈感」は非常に大事ですね^^

   
   
ちなみにこのコーディネートアイテムは
ガーリーなイメージの

LP41cuUx
ナイスクラップさん
   
大人の女性のイメージの
32_bou_logo
ブージュルードさん
   
のブランドコンビネーションでした。
   
   
仕上がりのテイストを大人っぽくするために、
アイスグレーのインナーの色味で落ち着いた印象のトップスと、
シルエットが大人な印象のボトムスをセレクトしました。

   
   
   
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b85
   
他にもオーバーニットより細身のトップスの方がよりバランスが取りやすくてオススメです。
   
最近ではぴったりしすぎない、程よいシルエットのトップスがたくさんありますのでぜひ探して合わせてみましょう♪
   
   
   
このコーデに合うアクセサリー
全体的に大人っぽくまとまったので、綺麗めのネックレスを合わせました。
   
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b84
   
ピンクゴールドは日本人の肌に馴染みやすい色で、シルバーほど浮いた印象を与えにくいのでオススメです。
結婚式などのパーティドレスにも合わせやすいネックレスです。

   
thumb_IMG_1353_1024
   
このアクセサリーを詳しくみる
   
   
   
   
   
   
   
フィット感で選ぶ
上のコーデとは逆に、ぴったりめのデニムワンピのインナーには、ビックシルエットを取り入れるともたついてしまうので、フィット感のある薄手のインナーがオススメです。


フィット感を調整することで軽やかな印象になります。
   
このコーディネートアイテムは
遊びゴコロのあるガーリーなイメージの

syosaileft_8568
ヘザーさん
   
ベーシックトレンドイメージの
hero_vis
ビスさん
   
のブランドコンビネーションでした。
   
   
112621_1yy-1094_1
   
淡い色のシャツや柄物を取り入れると可愛くなりすぎたり、子供っぽい印象を与えてしまうこともあります。

   
ベーシックなアイテムを合わせると様々なブランドの服をMIXしてコーディネートできますよ。
   
   
   
このコーデに合うアクセサリー
デニムワンピでカジュアル印象なので、メンズのネックレスを合わせてカジュアルにしました。
   
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b7e
   
星のモチーフがアクセントになっています。
   
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b7fIMG_0543
   
このアクセサリーを詳しくみる
   
   
   
   
いかがでしたでしょうか。
予算の関係もありますし、アウター・トップス・ボトムスなどそれぞれ違うお店で購入する方がほとんどではないでしょうか。

   
このコーディネート術を使って少しでも「持っている」ではなく「着ることができる・活用できる」アイテムをぜひ増やしていきましょう。
   
   
実際に今すぐ服装からいきなり変えていくのは難しいですよね。。

   
簡単に印象を変えたいそんなあなたに!!
アクセサリーや小物使いから始めてみませんか?

   
男女問わずファッションコーディネートをする上で、すぐに取り入れやすい入り口へご案内します♪
こちらからどうぞ^^

   
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

✴︎ブランドコンビネーションコーデとはPart2

前回はブランドコンビネーションコーデとは?!
という導入のお話をさせていただきました。

   
今回はそのコーディネート術を使って、スタイリングしていきたいと思います。
   
   
   
   
最重要の「丈感」
   
前回の記事でも紹介しましたが、服のコーディネートをする上で「丈」がいかに大事か分かったと思います。
   
pc_img01
   
同じブランドであればその場で組み合わせて買うことも可能ですが
・家にある○○と組み合わせてみたいな
・自分のワードローブの色味とマッチするかな?
など
考えながら別のブランドやショップの服を購入することは多いですよね。

   
   
そんな時はまず丈感に注目してみると、自分の持っている服に合ったアイテムを見つけやすくなりますよ。
   
例えばこんな感じ
   
撮影用
   
まとまって見えますが、それぞれ全く違うテイストのブランドの服です。
   
ダンガリーロングシャツは
7440bd4d114e1abfa2ddea6460254ac3
無印良品さん
   
ニットドレスは
32_bou_logo
ブージュルードさん
   
   
カジュアルでナチュラルテイストな無印良品さんと、女性らしいイメージのブージュルードさん
と、全くテイストが異なりますが、丈感を合わせて統一感を出しています。

   
   
「色味」や「テイスト」合わせも考えて
ブージュルードさんの中でもカジュアルなテイストのニットワンピを選びました。
   
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b54
   
   
   
このコーデに合うアクセサリー
   
全体的にカジュアルでクールなイメージなので、メンズのブレスレットを合わせました。
   
着用画像
   
デニムやダンガリー生地の色味に「ホワイト」はとても合わせやすいですし
ワンピの「ブラックの面積」が広いのでアクセサリーで締まりを作るのがオススメです。

   
暗い印象になりすぎないので、爽やかなカジュアルコーデになりました^^
   
着用画像2
   
アクセサリーを詳しくみる
   
   
   
   
いかがでしたでしょうか。
服を選ぶ際は、自分のワードローブを思い出して、「丈感」「シルエット」「色味」に注目してみると選びやすいですよ♪

   
コーディネートをする際にこれらの法則を少し思い出してぜひ実践してみましょう。
しかし、実際に服装からいきなり変えていくのは難しいですよね。。

   
簡単に印象を変えたいそんなあなたに!!
アクセサリーや小物使いから始めてみませんか?

   
男女問わずファッションコーディネートをする上で、すぐに取り入れやすい入り口へご案内します♪
こちらからどうぞ^^

   
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

   
Part3へ

✴︎ブランドコンビネーションコーデとはPart1

久しぶりにファッションのお話をしていきたいと思います。
明日からでもすぐに使える技が見つかるかも?!

   
   
   
まずはこの言葉を知っていてほしい
【ハイ&ローコーデ】
ファショニスタの間では、すっかり馴染みとなっているこのコーディネート術。
   
<ハイ>ブランド<ロー>コスト価格のブランドをうまく組み合わせて
全身ガチガチにキめたブランドコーデより垢抜けた印象になると人気です。

   
スクリーンショット 2019-02-12 16.00.44
   
ちなみにハイブランドとはミラノやパリコレなどに出店されているような、百貨店や高級路面店街にあるブランドのことです。
逆にローブランドとは、お手頃な価格で手に入るプチプラなブランドやファストファッションブランドを指します。

   
   
   
   
Matowがオススメする
【ブランドコンビネーションコーデ】
私も普段からこれを頭に入れてコーディネートしています。
   
ブランドコンビネーションとは?
「ハイ&ローコーデ」や「Mixコーデ」に少し似ていますが、様々なテイストの違うブランドの服を複数組み合わせてコーディネートする方法です。

   
20130319c
   
   
自分のワードローブを思い出してみてください。
・テイストがバラバラで組み合わせがしにくい服が多い
・同じようなデザイン、色の服が多い
・ここ何年か着ていない服がある

   
fashion_fuku_seiri_woman
   
世間ではよく、着ていないなら捨てましょうとか、断捨離しましょうと言いますが、それをする前に手持ちの服を活かせる場合があるのです。
   
   
また
   
みなさんは服を選ぶ時どのように選んでいますか?
・お気に入りのブランドだけで選ぶ
・好きな色や似合う色で選ぶ
・自分が好むスタイルやテイストのアイテムを選ぶ

   
などこだわりは様々だと思います。
   
pc_img01
   
好きなブランドが決まっていてそこでしか買わない方
もしくは買うブランドはバラバラという方も多いかもしれません。

   
世の中には数え切れないほどのブランドやショップが存在しますので、
他のブランドとの正しい組み合わせ方をマスターすれば、コーディネートの幅も広がるはずです。

   
   
   
   
   
【なぜ、たくさん服を持っているのにこれといった着たい服がないのか】
こういう現象に悩まされたことはありませんか?
   
持っているブランドやテイストの服がバラバラだとなおさらですが、ブランドコンビネーションをうまく使うと解消できますよ♪
   
人は飽きが来る時がきます。新しいものが欲しくなるのも同じことです。
こんな自然に湧く感情は仕方ないにしても、できるだけ永く愛用したいものですよね。

   
publicdomainq-0000478qwd
   
気に入って買ったはずなのに着ない服を増やさないためにまず言えることは
<試着を絶対にすること>
「自分はMサイズだから表記がMならいいや」
と思っていませんか?

   
服が入る入らないということではなく、大事なのは、ブランドのサイズ表記はその会社やデザイナーによって、定義が異なるということです。
   
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1b52
   
例えば海外のブランドなどは大きめに作られていることもあるので、普段Mの人はSサイズも試着してみると良いでしょう。
   
   
   
実際に着てみることで、シルエットが思っていたのと違った。(意外にタイトすぎる、短すぎる)
ポケットがついていなくて不便そうだ。

   
など気付ける点があるので失敗をせず買い物が出来ます
安いからいいやと試着をせずに買うのはすごく勿体無いです。
気に入った点が多いアイテムを買えば永く着ることができますよ♪

   
   
   
   
   
次に大事なことは
<違うブランドでも自分が着るテイストに近いアイテムを選ぶ>
【例1】
例えば「」はとても重要な選ぶポイントになります。
   
   
トップスは中途半端に長い丈。アウターが短め。であればアンバランスになってしまいますよね。
   
画像5
   
なのでトップスとアウターを違うブランドで選ぶときは、組み合わせた時にバランスが取りやすい同士を選ぶのが大事です。
   
一人一人身長や体格が違うので、実際に着たり合わせたりしてみて、持っている服とのバランスを考えてみましょう。
   
   
   
【例2】
例えば“大人フェミニン”なテイストが好きという方は
買うブランドショップの中で、より“大人フェミニン”なアイテムを選ぶのが鉄則です。

   
簡単そうに見えて意外に難しいんです。
例えば下記のブランドでご紹介すると

   
Unknown スタイリッシュ、エレガントなイメージのサリアさん
eナチュラルなカジュアル服なイメージのアースさん
   
サリアさんなら
画像1
   
アースさんなら
画像2
   
   
こんな感じのイメージで真逆なイメージです。
しかしブランドコンビネーションコーデで、それぞれのブランドから自分でイメージする“大人フェミニン”なアイテムを見つけると

   
combination
   
こんな感じでまとまったコーディネートを作ることも可能です。
   
元はテイストが違うブランドだったなんて分かりませんよね。
「テイスト」に焦点をあてるだけでブランドが違っても、うまく組み合わせができます。

   
   
   
   
いかがでしたでしょうか。
   
ファッションは奥が深いですが、自分らしさを大切にコーディネートしてみましょう。

   
簡単に印象を変えたいそんなあなたに!!
アクセサリーや小物使いから始めてみませんか?

   
男女問わずファッションコーディネートをする上で、すぐに取り入れやすい入り口へご案内します♪
こちらからどうぞ^^

   
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

   
Part2へ

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑