✴︎「お腹周りが気になるからゆったりした服を着る」は間違い?! 正しいコーディネート術を学ぼう

普段から体型や肌なじみのことを考えてコーディネートされている方も多いと思いますが、その方法が逆効果だったらもったいないですよね。

今回はパーソナルスタイリングに基づいて、着やせの法則の一部をご紹介していきたいと思います。

自分はちょっとお腹周りをカバーしたいな、と思っている方は必見です。



  
   
   
  
   
   
「お腹周りが気になっている方」はゆったりした服でカバーされている方も多いのではないでしょうか?   
   
Unknown   
実はそれが逆に強調させてしまっていることもあります。。
どういうことか見ていきましょう。

  
51eYSnKRqgL._SX258_BO1,204,203,200_
  
ゆったりとした服は着やすいですし、
お腹もすっぽり隠れますが、お腹を隠すあまり全体的に見るとさらにぽっちゃりと見えてしまうことがあります。

15
  
ファッションは「締まり」ポイントを作ると全体的にメリハリが出て着やせして見えますよ^^

  

   
女性だとくびれの曲線、男性だと締まった線が垣間見れると、人は痩せているように見えるものです。
ここで「締まり」ポイントを入れると   

Unknown-1Unknown-2
Xのつながりでウエストマークされ、くびれ感を作ることができます。
言ってしまえば隠したいはずのお腹を逆に目立たせるというテクニック。
お腹周りが少しきつくて抵抗のある方は、右のようなバスト切り替えのデザインなら着やすいでしょう。

   

スクリーンショット 2018-04-25 15.47.18   
   
↑↑他にも、このような全体的にストレートの締まりがないコーディネートより

original
   
ウエストの位置を高く持ってきて脚長効果を強調させるのもいいですね。
ただ、この場合ベルトをするか、トップスを淡い色にボトムスをダーク系にした方がバランスが取れるでしょう。   

なぜ?と思った方は、バックナンバーの色の知識も合わせてご覧くださいませ。   
   
   
   
   
   

また、このようなピタッとしすぎる服は逆にお腹を強調させてしまうこともありますのでご注意ください。

29c1892f487a7fb7074f6cb7428d3815
  

images   
↑↑男性の方もこのようなゆったりとしたブルゾン系のアウターではなく、

20160921092413774_500-400x534  
  
かっちりとしたジャケットが着やせして見えてオススメです♪  
色はネイビー系の方がよりいいですね^^   
なぜ?と思った方は、バックナンバーの色の知識も合わせてご覧くださいませ。   
 
 


ここで紹介しているパーソナルスタイリングは誰しもに当てはまる正解のノウハウではございません。
人の身体の数だけ、十人十色さまざまなスタイリング方法があります。

   
   
実際に服装からいきなり変えていくのは難しいですよね。。

   
簡単に印象を変えたいそんなあなたに!!
アクセサリーや小物使いから始めてみませんか?

   
男女問わずファッションコーディネートをする上で、すぐに取り入れやすい入り口へご案内します♪
こちらからどうぞ^^

   
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

✴︎膨張色と収縮色、寒色や暖色のファッションが与えるイメージとは?Part3

お待たせいたしました!2記事に渡って紹介してきたノウハウをいよいよ実践して※体型補正コーディネートをしてみましょう。
導入編Part1は→こちら
更に掘り下げたPart2は→こちら

まずは男女問わず、お腹周りが気になる方、上半身を華奢に見せたい方必見です。
膨張色をトップスにしては逆効果ですので、すっきりして見える黒や紺のトップスを選びましょう。

APU0118S0015_pz_a001
  
ここでは「ぴったりしすぎず、ゆったりしすぎず」がポイントです。
このノウハウの詳細記事は今後アップいたしますので、お楽しみに♪

ボトムスは白や黄色など暖色系、明度が高い色を選びましょう。
この色味の配置にすることで、上半身と下半身のバランスを取ることができます。   

  
nanocs5
  
また、目線をお腹から逸らす効果があるため、上手く気になる部分をカバーできます。

  

a653b71cf3f7d9f79324e1110c0429ad
  
腰に中間色である緑のカーディガンを巻いてもまとまりが出ておすすめです♪
なぜ??と思った方は、Part1Part2もぜひご覧くださいませ。

  

   
  
次は男性の方でがっちりと見せたい、など頼もしく見えるコーディネートの紹介です。  

mig  
先ほどとは逆にトップスを膨張色ボトムスを収縮色にします。
トップを明るくして肩幅を広く見せることで、逆三角形の構図ができて効果的です。   

  
1
   
今回は淡いブルーを取り入れてみました。
ちなみに「青系」の色は誠実さや落ち着いた雰囲気を与えることができますので、ビジネスシーンやデートなどさまざまなシーンで多用できます。
1着持っていても損はないでしょう!

  
  
  
また、トップスを黒、アウターに白やベージュなど肩に羽織るだけでもきになる部分をカバーできますし、オシャレ感もアップしますよ♪  


素材は違えど、白のトップスを合わせたバージョンと比べるとすっきり感やまとまり感が、一目瞭然ですね^^   
 
※体型補正とはパーソナルスタイリングで大変重要になってくるものです。これができると自分に合ったファッションを極めることができます!   
 
   
   
   
色には相手に与える印象を変えたり、体型をカバーしたり、少し法則を知ったら明日からでも実践できるチカラが多く秘められています。
しかし、実際に服装からいきなり変えていくのは難しいですよね。。

   
簡単に印象を変えたいそんなあなたに!!
アクセサリーや小物使いから始めてみませんか?

   
男女問わずファッションコーディネートをする上で、すぐに取り入れやすい入り口へご案内します♪
こちらからどうぞ^^

   
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

✴︎膨張色と収縮色、寒色や暖色のファッションが与えるイメージとは?Part2

前回、色に関する記事で少し専門的なお話を交えてファッションに関わる色の影響について紹介しました。
記事は→こちら

今回は前回の法則を生かし、日常で使える実践編です。
例にあげるのはタイツの色です。
みなさんは、何色が一番ほっそり見せられる色だと思いますか?

  
  
  

黒だと思われがちですが、進出色・後退色の法則からいくと、実は

.

.

.  
  
紺系(ネイビー)の方が後退して見えるのでより効果的です♪   

  
黒はスタイリッシュで合わせやすいですが、実は脚の形を縁取ってしまうので逆効果になってしまうこともあります。では実際に見てみましょう。
※閲覧している端末により色の見え方が異なる場合がございますのでご了承くださいませ。   

  
タイツ
若干ですが、黒は縁取られくっきりとした印象に、ネイビーは後退した感じに見えます。

脚をほっそり見せたい場合は、ネイビーのタイツがおすすめです♪  
  

 

パンツ

ちなみにパンツスタイルで見てみると、分かりやすい色、白・ではすっきり感が違いますね!!  
  
白は膨張色、赤は進出色、なので、コーディネートする際はその点に気をつけてワンポイントでコーディネートするとスタイリッシュに見せることが出来ますよ^^   
 
 

ここまでの内容をみて、「好きな色は膨張色で取り入れたいけど、体型カバーのことを考えると着れないんじゃない..??」と思いますよね!
そこで次回のPart3では実践編!逆に膨張色をコーディネートに取り入れるだけで、※体型補正 が出来てしまうのです!!これまで紹介してきた法則を生かしたコーディネートを紹介します♪お楽しみに!

   
   

※体型補正とはパーソナルスタイリングで大変重要になってくるものです。これができると自分に合ったファッションを極めることができます!   
   
   
   
いかがでしたでしょうか。
   
コーディネートをする際にこれらの法則を少し思い出してぜひ実践してみましょう。
実際に服装からいきなり変えていくのは難しいですよね。。

   
簡単に印象を変えたいそんなあなたに!!
アクセサリーや小物使いから始めてみませんか?

   
男女問わずファッションコーディネートをする上で、すぐに取り入れやすい入り口へご案内します♪
こちらからどうぞ^^

   
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

   
Part3へ

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑