✴︎アクセサリーのお手入れ方法Part4

前回はゴールドとピンクゴールド製品のお手入方法などについてご紹介しました。
今回も種類に分けて詳しく掘り下げてみましょう。
ゴールドとピンクゴールド製品に関する記事はこちら 

   
  
  
   
   
●プラチナアクセサリー
Platinum or silver wedding rings
   
プラチナはお手入れしないでずっと使えるイメージですが、実際のところはどうなのでしょうか。
やはりお手入れをしないよりは、ちょっと手間をかけた方が購入した時と変わらない輝きを保てるようです^^

   
   
元々、プラチナは原産国が限られており高価で、純度も高いので普段のお手入れをしなくても、長く使える金属です。
世界的に採れる国が少なく、人類が歴史上で採ってきたゴールドに比べてはるかに採れにくい貴重な資源です。

inner3
   
   
さらに純度の面で言うと、90%以上のものが主流となってきます。
なぜならプラチナの「白」に他の金属の色を混ぜると、「白」から遠ざかってしまいますから、必然的に純度が高くないとプラチナとは呼べない、ということになりますね。
絵の具で白に他の色を混ぜると白の輝きが失われる原理と同じです。

 
基本的に純度が高ければ傷つきやすいので、強度を高めるために他の金属と混ぜて作られることが多いです。

純度が高いということは、変色がしにくいということです。
この理由は前回のゴールドの記事も併せてご覧いただけると分かりやすいかと思います。

   
  
   
   
101045764fb05e1df779da2239dd6d32c30c8291e
   

プラチナは日常生活の中で変質・変色の心配がほとんどありません。
温泉やプール、汗、家事で水洗いをする時なども気にせず、特にお手入れも念入りに毎日は必要ありません。

   
   
   
やはり毎日使っていると、くすんできたかな??輝きがなくなってきたかな??
と思うことがあるかもしれません。

   
これは日常生活で付いてしまった細かな小キズによって輝きが鈍っているのが原因の場合があります。
   
金属は全体的にキズに弱い性質を持つので、プラチナも強い方とはいえ、その限りではありません。
普段から、定期的にでもいいので使用後に柔らかい布や専用のジュエリークロスで拭く、などちょっと気を使うだけでもくすみ加減は劇的に変わります。

   
どうしても気になる場合は専門の業者や購入店で表面の磨き直しも出来ますので、ご検討ください。
   
   
プラチナは純度が高いほど傷つきやすくなるので、保管する時は他の金属などと接触しないように小分けにして保存するとなおいいです。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
●チタンアクセサリー

e0124aa-bds
   
強度が高く、金属アレルギーも出にくいのが特徴的です。
そのため、日常生活で使う様々なアイテムにチタンが使われています。
誰もが使える安心の素材ですね^^

   
   
重さは軽いので付け心地も良く、安価なため使用されることが多い金属です。
純度が高いほど水や汗にも強いため普段ずっとつけていても変色や変質の心配はほとんどありません。

   
   
長持ちさせるには定期的にお手入れをすることをおすすめします。
外した後に簡単に皮脂を拭き取るだけでも持ちは全然違いますよ。
それほど汗をかいていないようにみえてもつけていると必ず見えない皮脂が付着してしまいます。
少しずつでもいいのでお手入れしていけば、お気に入りのアイテムも長く使うことができます。
ぜひお試しください。

   
   
純度が高いほど柔らかくなりますので、キズがつきやすくなります。
キズがつくとくすみの原因にもなりますので、保管する際は小分けすることをおすすめします。
キズやくすみが気になる場合は、専用の薬剤をつけて磨いたり、専門の業者で磨き直しも出来ますのでご安心ください。

   
   
   
   
   
   
   
   
いかがでしたでしょうか。
色々な金属の性質を知ることで、アクセサリーを選ぶ時の参考になりましたら幸いです♪
自分によりあったアイテムが見つかるといいですね!!

  
   
他の金属アクセサリーも見てみる  
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑