✴︎アクセサリーのお手入れ方法Part2

前回はシルバー製品のお手入方法などについてご紹介しました。
今回も種類に分けて詳しく掘り下げてみましょう。
シルバー製品に関する記事はこちら   

   
  
  
   
   
●ステンレスアクセサリー
   
ステンレスアクセサリーは、錆びにくく、硬くて丈夫な素材です。

4

水には強い方なので汚れたら洗ってもokです。
汚れが取れにくい場合は、中性洗剤をお使い下さい。
中性洗剤は食器用洗剤などです。

   
ステンレスは傷つきにくい特徴がありますが、硬いたわしなどでこすることは絶対にしないでください。
   
   
大事なのは洗った後。 
   
handkerchief
しっかり柔らかい布で拭き取って水分をなくしましょう。
それが長く使える最良の手です。
仕上げに市販のメガネクリーナーなどで磨くとくすみが取れ、ピカピカになります。   

   
  
   
シルバーやゴールドなどよりお手入が簡単で変色しにくく、金属アレルギーも出にくいのが特徴的です。
当店でもステンレス製のアイテムを多数取り揃えております。
併せてご覧くださいませ。

thumb_IMG_0804_1024ピアス

thumb_IMG_0821_1024リング

   
   
   
   
   
   
●メッキ製品

メッキはシルバーやゴールドは違って寿命ものともいわれています。
こちらもシルバーと同様、汗や水に濡れたら柔らかい布でふきとってきちんとお手入しましょう。

また、入浴時には絶対に外しましょう。   
   
力を入れてこすりすぎるとメッキが剥がれてしまうことがありますのでご注意を。
使わないときは空気とさらさないようジッパー袋に入れておきましょう。

uni
   
メッキ部分が剥がれてきたら専用のメッキ加工キットで自分でやるか、業者さんに頼むか、ということになります。
   
メッキはどんなにお手入しながら大切に使っていても、経年劣化や日々の皮脂分泌でどうしても傷んでしまうことをご理解ください。
   
   

汗や油のよごれは、中性洗剤を薄めて布に染み込ませて強くこすらないようにやさしく拭き取りましょう。
汚れがひどい場合は中性洗剤と一緒に煮沸するのもありです。
毎日ゴシゴシ洗うのはやめましょう。
メッキは金属のファンデーションのようなものなので剥がれやすくなってしまいます。   

   
   
メッキが剥がれると肌に良くない影響を与えます。金属アレルギーになってしまうこともありますので、メッキが剥がれた状態で使用を続けることはおすすめできません。
   

   
   
   
   
いかがでしたでしょうか。
金属製品は種類によってさまざまな性格があることがありますね!!
これからのアクセサリー選びの参考になれると幸いです。
次回は「ゴールド」と「ピンクゴールド」のお手入れ方法をご紹介します。お楽しみに♪
   
————————————————
Matow StaYlor(マトウスタイラー)
〒852-8123 長崎市三原1丁目45-21
About Us
営業スケジュール
お店へのアクセス
ブログも随時更新中!
————————————————

コメントは受け付けていません。

WordPress.com でサイトを作成

ページ先頭へ ↑